ファスティングダイエットにはスムージーがピッタリである理由

ファスティングダイエットといえば、酵素ドリンクを使用したものが主流でした。
しかし、酵素ドリンクの場合、シロップそのものはドロッとしていますが、水や炭酸水と混ぜるとジュースのような感覚で飲めるので、あまり腹持ちが良い物とは言えませんでした。
ファスティングダイエットは食事と酵素ドリンクを置き換えることで成立するダイエット法ですから、腹持ちがあまりよくないと、ダイエット中にお腹がすきすぎて辛くなってしまいます。
そこで、酵素ドリンクのように、酵素をたっぷり含まれているスムージーが発売されるようになりました。
スムージーは飲み物よりも食べ物という感覚が強い飲み物で、腹持ちもとてもいいので、ファスティングダイエットにぴったりな飲み物です。
味もこれまでの酵素ドリンクとは違って、ただただ甘いだけではなく、野菜の味を感じながら飲むことができるので、飽きずにファスティングダイエットを続けることができますね。
ちなみにファスティングダイエットのキーポイントでもある「酵素」ですが、野菜や果物に含まれている成分で、体内に蓄積している毒素や老廃物の排出を促進する成分です。
現代人の体内はかなり老廃物が蓄積されていると言われています。
老廃物が溜まっていると、その分ダイエットはなかなか成功しませんし、老廃物だけでも体重は2キロほど重くなるので、ダイエットには老廃物の排出は欠かせません。
老廃物が排出されれば、基礎代謝もアップしますから、ますますダイエットの効果を上げてくれるでしょう。
短期間ダイエットに向いているファスティングダイエットですが、成功させるためにはポイントがあります。
酵素ダイエットを追求するVIVA!酵素|本当に効果のあるやり方を検証です。
まずファスティングダイエットは、3日間だけ断食をすればいいという誤解です。
実は、ファスティングダイエットには準備期間を用意しなければならず、まず1日だけ肉などの高カロリー食を除去した食生活を送ります。
そして、次の日から3日間、酵素スムージーに食事を置き換えて、4日目におかゆなどの回復食を食べる日を作らなければいけません。
こうすることでスムーズにダイエットを成功させ、かつリバウンドを防止することが可能になります。
ちなみに、いきなり3日間の断食は体力・精神的に辛くなってしまうので、まずは1日1食の置き換えを1カ月程度続けてみるといいでしょう。
ただし、その場合も間食を控え、食事のカロリーも少し抑えめを意識することが大切ですね。
1食を置き換えたのに、2食で暴飲暴食ではダイエットの意味もありませんからね。

毎日飲む酵素ドリンクだから

酵素ドリンクを使った酵素ダイエットはいわゆる置き換えダイエットです。
毎日の食事のどれかを酵素ドリンクに置き換えるだけで簡単に痩せられるという方法なのです。
多いのが朝食置き換えという方法ですが、成功させるには少なくとも1ヶ月の間、毎日飲む必要があります。
毎日飲むとなると重要になるのが味です。
いくら痩せるとは言ってもおいしくなくては継続するモチベーションが上がりません。
毎日飲むとなると、おいしいものを選びたいのは当然です。
基本的に酵素ドリンクにまずいものはありません。
というのは酵素を作る際に多くの糖分が必要なためです。
そのためどの酵素ドリンクも甘いシロップのような味なのです。
もちろん漢方薬のような癖のあるものもありますが、一昔前に「まずい!もう一杯!」で知られた本当においしくない青汁などに比べると全然抵抗なく飲める味なので、飲むことが苦痛になることはありません。
逆に毎日飲むことが楽しくなるようなおいしいものも増えています。
酵素ドリンクは基本的にそのまま飲みません。
炭酸水や牛乳で割ったり、ヨーグルトに混ぜたりして摂取します。
そのままではシロップのように甘いですが、このように何かと混ぜて飲むことでおしゃれなデザートのように楽しめるのです。

内側からキレイと健康を手に入れるための「スーパーフード」とは

ハリウッド女優やスーパーモデルも夢中と話題のスーパーフード。
必須栄養素を含み、抗酸化作用も期待できる注目の食物です。
肥満が増える一方、必要な栄養は不足しているとも言われる現代人の正に「スーパー救世主」とも言えます。
代表的なスーパーフードと言えば、アサイー、カカオ、チアシード、ココナッツオイルなど。近年では日本のメディアでも取り上げられる機会が増え、身近なスーパーでも手に入れられるようになりました。
中でもココナッツオイルは大きな話題となり、一時は売り切れの店舗が続出したほどです。
ココナッツオイルには脂肪を燃焼する効果があり、母乳にも含まれるラウリン酸が免疫力を高めてくれると言われています。
また、アサイーボウルで有名なアサイーには高い抗酸化力、チョコレートやココアでお馴染みのカカオには老化を防ぐポリフェノールやビタミンE、チアシードには炎症を抑えるオメガ3が豊富に含まれています。
その他、ゴジベリー、マキベリー、カムカム、スピルリナ(クロレラ)、マカなど、多くのスーパーフードが私たちの身体に有用な栄養素を含んでいます。
毎日の食生活に取り入れることで、内側からキレイと健康を手に入れることが期待できます。

40代の酵素ダイエットの利点とは

働き盛りでありながら代謝低下も著しくなる40代は、ダイエットが非常に難しいものになりえますし、有効な方法で行わないと時間をかけて食事制限したり、運動を行っても体型が全く変わらないという事にもなります。
40代は痩せる事が難しくなる時期ですが、酵素ダイエットは利点が大きくて、忙しい方でも行いやすい結果の出るダイエットの1つと言えるものです。
40代ダイエットのポイントは代謝を高める事にあり、食事を制限しても代謝は上がらないですし、トレーニングによる体の変化も若い時のようにはいかないですから、酵素ダイエットの場合は栄養成分を摂取しながらカロリーも制限出来て、排泄作用が高くて代謝力アップにも繋がるものになります。
仕事や子育てで自身の時間を捻出する事が難しい40代でも、酵素ダイエットの場合はドリンクやサプリ、食材摂取を行う事で効果を実感する事が出来ますし、酵素ドリンク等は栄養成分が詰まっていますから、食事の代わりに置き換えて摂取する事は有効です。
カロリー制限になりながら代謝を高めて栄養成分が取れるという面は、健康にも美容にも良い部分であり、心身にとって有益なダイエット方法でもありますし、体の余分な毒素も出す事が出来ます。

手作りの酵素ドリンク

手作りの酵素ドリンクを飲むことで心も体も健康的になれます。
とても簡単に作ることができるので料理を普段しない人も入門として楽しく学ぶことができます。
味は豊富な食材で作ることができるので自分の好みに自由自在に仕上げることができます。
その際に気をつけたいのは国産で無農薬で無添加の食材を使用することです。
ただそこまで神経質になることもなく出来ればそっちのほうが体に良いのでお勧めです。
甘めなドリンクが好きな人はフルーツを多めに野菜ジュースなどが好きな方は野菜を多めに選ぶとよいです。
また甘いジュースが飲みたいという人は砂糖を入れるとよいです。
ただ酵素ドリンクに最適な砂糖は精製済の白砂糖を使用することです。
白砂糖を入れるのは味のためだけでなく、素材から酵素をより引き出すための材料として最適なのです。
白砂糖には浸透圧があり、食物から酵素を抽出しさらにそれがブドウ糖に変化していきます。
ブドウ糖は普通の砂糖よりも体に良いものなので多少多めに摂取しても構わないものです。
ミネラルが多い黒砂糖は全く向いていないので酵素ドリンク作りには不向きだといえます。
手作りのジュースは自分の好みの味付けなので長く続けることができるのでお勧めです。

寝る前に酵素ドリンクを飲むことについて

酵素ドリンクを飲んでいる方が悩んでしまうポイントの一つに、いつ飲めばいいのか分からないという問題が挙げられるのではないでしょうか。
結論から言えば、夜寝る前、できれば入浴後が望ましいといえます。
その理由としては、夜眠っている間に、酵素が副交感神経に働きかけ、新陳代謝を活性化させるためです。
新陳代謝が活性化することによって得られる効果は、疲労の回復、二日酔いの防止、肌の再生など多岐に渡ります。
最も代謝が活性化される時間帯は夜10時頃から深夜2時頃といわれているため、この時間帯に酵素を補充することが必要不可欠です。
そのため、夜寝る前に酵素ドリンクで、酵素を体内に取り入れることが理想的といえます。
また、入浴後が良い理由としては、体が温まり、全身の血流が良くなっているため、酵素ドリンクの効果が最も発揮されるためです。
勿論、食後など、寝る前以外のタイミングで飲んだとしても、消化酵素の働きを助けてくれるため、悪いことはありません。
一般的には、食後すぐに横になると、消化器に負担がかかるため、余り体に良くないと言われていますが、酵素ドリンクは固形ではないため、寝る前に摂取しても何ら問題はありません。
疲労や二日酔いで痛んでしまった肌を再生し、美肌を目指す上では、入浴後、酵素ドリンクを摂取し、すぐに休むことが一番の近道と言えるでしょう。

朝食をヘルシーで健康的にするスーパーフード

最近人気のスーパーフードですが、いつ食べれば良いのとお悩みの方も多いですよね。
そこでお勧めしたいのが朝食です。豊富な栄養素が含まれていますので一日の活力になります
特にダイエット中の場合朝に食事を抜いたり減らすことでエネルギー不足になってしまう女性が多いので、健康にも気を使えるダイエットメニューをご紹介します。
まずはナッツ類です。ビタミンが豊富に含まれていますので抗酸化作用が高く、アンチエイジングにも効果的です。
フルーツと違って糖質があまり気になりませんので、ヨーグルトにたっぷりと入れるのがお勧めですよ。
朝はパン派という方ならくるみパンを選んでみるのも良いでしょう。
シリアルにたっぷり入れても美味しいですね。
次にココナッツミルクです。
どうしても朝食が食べられないという方はココナッツミルクだけでも飲んで出かけてみて下さい。
脂肪として蓄積されにくいのにすぐにエネルギーになってくれる優秀なスーパーフードです。
コンソメや野菜を加えて温かいスープとして飲む方もいらっしゃいますね。
最後にクコの実と麻の実です。そのまま食べても良いですし、ヨーグルトに混ぜたりサラダのトッピングとしても食べられます。
朝食だけではなくさまざまな料理に使える便利なスーパーフードです。

手作り酵素ドリンク、冬の作り方

健康にも美容にも良いと人気の酵素ドリンクですが手作りする場合、特に冬場の作り方にはいくつか注意する点があるようです。
作り方は材料を適度な大きさにカットし、煮沸消毒した保存瓶や広口瓶に砂糖と一緒に漬け込むなどの手順は変わりません。
地域にもよりますが空気が乾燥し腐敗しにくい温度まで気温が下がる日本の冬は酵素ドリンクを作るうえで最適な様に見えて発酵する為の気温や室温が足りないという最大の難点があります。
酵素ドリンクが発酵する為には材料・発酵させるための菌・適度な温度が不可欠です。
温度管理が大変難しくただ暖かく熱くしてしまうと酵素菌が死滅してしまい腐敗の原因になります。
専用の保温機械で保温し温度管理を適切にしたり、冬場だけ市販品へ置き換える、ネットなどで問題を回避する作り方を探すのもひとつの方法です。
市販品を購入する際は使われている原料や原産地、作り方や添加物など有無、口コミ・評価などをチェックして納得のいく商品を購入すると失敗しません。
市場に流通している市販品の中には原材料を明らかにしていなかったり〇〇風味など強めに香料がつけてあるものも存在する為、口当たりがよく飲み易くても注意が必要になります。

酵素の機能と至適な環境

酵素を身体に取り込むことによって健康や美容を発揮するということが流行していますが、その根底にあるのは消化を促進するというものです。
消化には多くの酵素が関わっており、口の中にはアミラーゼがあってデンプンを分解し、胃にはペプシンがあってタンパク質を分解するといったように独特の機能を持ったものが適切に配置されています。
ただ独特の機能を持っているだけでなく、そのおかれた環境で適切に機能するという特性を有しているのも特徴であり、ペプシンは胃酸が分泌されている高い酸性の環境において効果的にタンパク質を分解することができるようになっています。
そのため、酵素と一口にいっても無数のものがあるというのが事実であり、個々に違う機能と特性を持っているということは知っておくべきことでしょう。
だからこそ市販されている酵素ドリンクは数多くの野草や野菜、果物などから抽出を行っているということを売りにしています。
無数の酵素があることによって消化管の中のあらゆるところで消化機能を発揮してくれる可能性が高まると期待できるからです。
そういった着眼点もあって、100種類を越えるような植物から抽出を行っていることを主張している製品が多くなっています。

お酒の後には酵素も摂取しましょう

ダイエットをしているならお酒はとても危険です。
お酒は飲み物なので、特別ダイエットをしている時に飲んではいけない理由は無いのではないかと考える方が多いです。
しかし、お酒に含まれているアルコールは分解しても体に残ってしまう成分があり、この成分が脂肪になってしまう為、結果として体重が増えてしまいます。
お酒は人によっては飲む量も多い為、お酒が原因で太ってしまっている方も多いです。
飲む際には酵素を摂取するようにしましょう。
酵素とは、体にとって良い効果が出てくれる成分の一種で、人間の体にとっては欠かせない物で、ダイエットをする為に摂取をしている方も多いです。
この酵素はアルコールを分解する手伝いをしてくれるので、飲み過ぎても脂肪になりにくくなります。
これならダイエット中に飲んでも、ある程度脂肪が増えるのを防ぐ事が可能です。
飲むのをやめられないという方にとってはかなり便利な成分です。
酵素は最近なら多量に含まれているサプリメントを飲む事でも摂取出来るので、体にとって必要な分はすぐに摂取出来ます。
飲んだ後にサプリメントを飲むだけなら、面倒な手間もかからないので、誰でも気軽にアルコールを分解する為に摂取出来ます。